お知らせ

2019-09-09 10:00:00
幸せつむぎのホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

この度、当社ホームページをリニューアルいたしました。

皆様により快適にホームページを使っていただけるように、情報を整理し、分かりやすく見やすいレイアウトにしました。

今後もよりいっそう充実したホームページにしていきますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。
2018-08-01 10:16:00

6月30日(土)19時から

徳重地区会館集会室にて

「障がいについて学ぼう」講習会を開催しました。

 

株式会社あいぽ代表の

奥山善仁さんを講師にお迎えして

障がいに関する基礎を、実際のかかわり方を含めて

わかりやすく教えていただきました。

 

 

奥山さんは、放課後等デイサービスあいぽや生活介護あいぽで

知的障がいや自閉症の方を毎日支援していらっしゃいます。

豊富な経験に基づく実例を紹介しながら、自閉症の特徴を

説明していただきました。

 

そして、自閉症の方は、健常の方や純粋な知的障害の方とは

理解するシステムが違うので、理解しやすい伝え方や

環境の調整をすることによって、自閉症のバリアフリー化を

考えることが必要と力説されました。

 

 

当日は、一般の方16名・スタッフ9名の合計25名の参加があり

親子で参加された小学生の子もいましたが

「しょうがいについてお話を聞いてよく分かりました」と

感想を寄せてくれました。

 

「障がいのある人達を見かけたら今まではどうしたらいいのかしら

と不安になっていましたが、そうじゃなくてあたたかく見守って

あげたらいいんだという事につとめます。」

 

「本人を変えようとするのではなく、支援者のほうでトラブルが

起こらないようにするという事、目からうろこでした!!」など、

たくさんのうれしい感想をいただきました。

 

地域の中に、障がいについての正しい知識を持った方が

増えることで、障がいのある人にもない人にも住みやすい

街づくりができることを、幸せつむぎはめざしていきます。

2018-03-30 11:57:00

2018年1月14日(日)

東郷町のいこまい館和室にて、

2回目となるリフレクソロジー講習会を開催しました。

 

今回は、利用者さんのご家族が

家族そろって、たくさん参加してくれました。

 

西野先生の丁寧で的確なご指導を受け、、

皆さん、足を触っただけで身体の弱いところが

わかってしまうことにびっくり!

 

日頃、足裏を刺激されることの少ない障がい児にとって、

リフレクソロジーで優しく刺激を加えることの重要性に、

皆さん深く頷いていました。

 

*家族、スタッフが行う日常ケアーとして*

という副題の通り、今回学んだ家族やスタッフが、

子どもたちの身体のケアーに日常的に

取り組んでいけるといいなと思いました。

2018-03-30 10:01:00
12月2日(土)、第4回目となる

幸せつむぎ恒例の豚汁会を開催しました。

 

今年は穏やかな晴天に恵まれ、

55名くらいの方にご来場いただきました。

 

普段からお世話になっている賛助会員の方々、

近所の子どもたち、利用者のご家族など、

皆さん豚汁やおにぎりをおかわり。

大鍋4杯分の豚汁が、あっと言う間になくなりました。

 

幸せつむぎの豚汁は、正会員がそれぞれの家の

味噌を持ち寄った合わせ味噌!

それだけに、自宅で作るのとは一味違う深みが◎

 

幸せつむぎも、みんなの力を合わせて、

ますますいい味を出していきたいと思います。

2017-08-31 12:02:00

2017年8月26日(土)14時より

徳重地区会館集会室にて

4回目となる 幸せつむぎ夏祭りを開催しました。

 

活動紹介の後、恒例のドラムサークル。

みのうら先生の刻むリズムに引き込まれ、

利用者さんや、利用者さんのご家族も

ノリノリの笑顔でドラムをたたきました。

 

 

 

 

ドラムの後は、各ブースをシールラリーで体験

理学療法士の前田先生は、

本格的な紙芝居で懐かしの「黄金バット」

 

 

缶積みは、30秒で何個積める?

 

 

工作では、色鉛筆で各色を段々に塗った紙を

折って切り抜き開くと

素敵な模様が現れ 名前も入れて、

世界に一つのノートが出来上がりました。

 

 

今年も楽しい時間を過ごせたことに感謝です!

1 2 3